笹屋吉清 京和菓子 水無月

sy02002

京和菓子 水無月  (sy02002)

旧暦6月の古い呼び名「水無月」からとったこの和菓子、京都では昔から夏場は一般家庭でもよく食べられています。外郎地に甘納豆がのった簡単な和菓子ですが、初夏から夏の暑さを忘れさせてくれるかのように涼しげです。京都独特の夏の生菓子是非ご賞味ください。

京和菓子 水無月の詳細


笹屋吉清 京和菓子 水無月

京和菓子 水無月
写真をクリックすると拡大写真が見られます

水無月って?

京都では古くから夏越しの祓(厄払い)の一つとして6月30日にこの水無月を食べる習慣があります。この水無月その形などに意味があり、三角の形状、外郎生地は昔一般の庶民には縁遠かった氷室の氷を表し、小豆は悪魔祓いを意味しているそうで、その年の後半の厄払いと夏の健康祈願というところのようです。


京都のおいしい!スタッフレビュー

ういろう生地がさらっとしていて尚且つ、つるりんという感じで食べられます。一般にややべとつきぎみの水無月のういろう生地ですが、笹屋吉清の水無月は「あっさり。そしておいしく」という感じでした。

笹屋吉清の水無月について

ここでは白外郎生地、黒糖生地の2種を販売しています。いずれもご主人自信の作です。是非お試しください。

白外郎(ういろう)生地・黒糖生地のご希望はお申し込み時に通信欄にご記入ください。ご希望ご記入がない場合は、勝手ながらすべて一般的な白外郎にてお送りします。



商品外観(パッケージ) 商品についての規格
笹屋吉清 京和菓子 水無月
商品名: 京和菓子 水無月
原材料: 小麦粉・米粉・甘納豆・
砂糖・黒糖(黒糖味のみ)・
抹茶(抹茶味のみ)
内容量: 10個、16個、20個
販売者: 笹屋吉清
賞味期限: 発送日より3日
保存方法: 常温で空気に触れない所

注文番号 タイトル 販売価格(税込)
在庫状態 数量 単位  
sy02002-10 10個入り
オプションを指定してください。
    お支払い方法    
¥1,550
売切れ 売切れ
sy02002-16 16個入り
オプションを指定してください。
    お支払い方法    
¥2,480
売切れ 売切れ
sy02002-20 20個入り
オプションを指定してください。
    お支払い方法    
¥3,100
売切れ 売切れ

おすすめ関連商品