亀屋重久

亀屋重久 京和菓子 衣笠

ks03001

京都の名刹中の名刹とも言える仁和寺などの御用を務めている老舗亀屋重久の代表銘菓です。いわゆる「落雁」の和菓子ですが、この衣笠は生菓子側にシフトをして作っている水分の多いそして、やわらかい落雁です。そして中身のあんこも同様にみずみずしくお召し上がりいただけます。平成11年天皇皇后両陛下が仁和寺へ御行啓の際にこの衣笠を茶菓としてお召し上がりになっています。

亀屋重久 京和菓子 関山

ks01001

亀屋重久を代表する和菓子の一つといえるでしょう。この和菓子の菓銘は店舗のすぐそばにある臨済宗妙心寺派の大本山妙心寺の開祖である関山国師の名に由来します。あっさりとした甘さに仕上げた焼き菓子でその魅力は焼き菓子らしくないあんこのみずみずしさにあるでしょう。伝統の焼き菓子を是非ご賞味ください。

亀屋重久 京和菓子 おむろ

ks01002

京都の上品さをそのまま表しているといっても過言ではないこの和菓子、仁和寺のお茶席で供されるのもうなずけます。京都には麩焼き煎餅を作るお店はいくつかありますが、柚子の風味を楽しめるのはここ亀屋重久の麩焼き煎餅「おむろ」のみです。

亀屋重久 京和菓子 嵯峨のつゆ

ks03002

和三盆糖製の干菓子で中に京都特産の大徳寺納豆が入っています。和三盆糖の上品な甘さに大徳寺納豆の小粒ながら独特の酸味が楽しめ、その酸味が全体の甘さを引き立て、あるときは酸味を主張したりと絶妙のコンビネーションの組み合わせです。他では決して味わえない逸品、是非ご賞味ください。